読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life is JIOI

読書が好きな人のブログです

こゝろ

読書に目覚めるきっかけになった一冊。

 

高校生の時だったと思う。国語の読み物で

 

一部抜粋されたものを読んだような記憶。

 

あの時はただぼんやりと複雑で何処と無く

 

残酷なにおいが漂う作品として捉えていた。

 

初めて一冊まるまる読み通してみると

 

実に重た過ぎた。

 

何かに目覚めるきっかけとはいつも

 

○○○過ぎること。なのかもしれない。

 

それが、『恋は罪悪ですよ』とだけいい

 

最期の時まで重過ぎる十字架を背負い続けた

 

「先生」の半生だった。

 

日本文学は何かと重苦しい影のようなものを

 

持った人物が多いのは気のせいなのか。

 

そんなに大した数の日本文学に触れていない

 

からそう感じるだけなのか。

 

もっと触れてみねば。

 

でももう一度「こゝろ」を読み直してから。