読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life is JIOI

読書が好きな人のブログです

本と○○○

人によってたくさんの組み合わせがある。

 

私はそれがたまたまコーヒーだった。

 

元々はコーヒーが本当に好きで

 

コーヒーによく合うものは何かを探して

 

たどり着いたのが本だった。

 

マキネッタやらドリップやらでひたすら楽しんで

 

コーヒーを淹れ、その楽しんだ先で

 

また楽しい読書の時間に入る。

 

こんなに楽しい時間の過ごし方があるだろうか!

 

「好き」の足し算・掛け算で人生が潤う。

 

好きなものが多い方が幸せに決まっている。

 

 

 

 

星の王子様

文句なしの名作でした。

 

王子様の無垢な感情、言葉が

 

すっかり中途半端な大人になってしまった自分の

 

心に風穴を開けてくれました。

 

時には鋭い針で時にはノックをするように。

 

新装版の装丁もとても良くて一生大切にしたくなる

 

宝物のような本です。

 

非常に読みやすくて

 

あっという間に読み終えてしまいます。

 

全ての大人に捧げる一冊。

決め事

読書をするにあたって決め事をしている。

 

それは、

 

読んだ本の映画は見ない

 

また見た映画の原作は読まない

 

ということ。

 

主には小説が映画化された場合ですが

 

でも例外もあります。

 

小説の原作者と映画の監督が同じ人物の場合。

 

多くはありませんがこれなら見るし読みます。

 

こんなこと、聞く人が聞いたらつまらんと一蹴

 

されてもおかしくはないと思いますが

 

小説と映画は別物なんて割り切れません。

 

同名のタイトルを使っている以上はなるべく

 

そのままがいいんです。

 

そのまま。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宮下奈都さん

ものすごく好きな作家さんです。

 

感情が揺さぶられて大粒の鳥肌が立ちます。

 

音楽を主にしている作品が多く、「羊と鋼の森

 

なんかは本当にまるで

 

ピアノの音が聞こえてくるようです。

 

こうして書いている今も思い出すだけで鳥肌が…

 

素敵です。読んでよかった。

 

もう一つ、タイトルと装丁に惹かれて手に取った

 

「たった、それだけ」という作品。

 

これは家族の物語。壮絶ですが心地よい。

 

あとほんの数センチのところを読者の想像に

 

お任せする。

 

書かない心地の良さ。

 

書かれていないからこそ貰えるちょっとした自由。

 

読書って楽しい。

 

 

太宰治

暗い暗いとの前評判からついつい闇(病み)の気配に

 

手を伸ばしていました。

 

しかし、文学というものは何やら健全なもの

 

らしく「人間失格」を読破したところで

 

暗い気持ちなんて微塵もなく

 

どこからでも光は見出せるんだ

 

と言われているような感覚にすらなりました。

 

「斜陽」でも同じく。あれは特に女性の独白体で

 

語られているから尚のことポップに

 

染み込んできました。

 

深く読み込めていないからそんな軽々しい

 

印象でしか受け取れないのか…。

 

今の読書は感じたままに。

 

二度目三度目と読むにつれて変わっていく

 

楽しみも残しておく。

 

 

 

 

こゝろ

読書に目覚めるきっかけになった一冊。

 

高校生の時だったと思う。国語の読み物で

 

一部抜粋されたものを読んだような記憶。

 

あの時はただぼんやりと複雑で何処と無く

 

残酷なにおいが漂う作品として捉えていた。

 

初めて一冊まるまる読み通してみると

 

実に重た過ぎた。

 

何かに目覚めるきっかけとはいつも

 

○○○過ぎること。なのかもしれない。

 

それが、『恋は罪悪ですよ』とだけいい

 

最期の時まで重過ぎる十字架を背負い続けた

 

「先生」の半生だった。

 

日本文学は何かと重苦しい影のようなものを

 

持った人物が多いのは気のせいなのか。

 

そんなに大した数の日本文学に触れていない

 

からそう感じるだけなのか。

 

もっと触れてみねば。

 

でももう一度「こゝろ」を読み直してから。

 

 

 

読書が好きな人いませんか?

本が好きで好きでブログを開設してしまいました。


読書に本格的に目覚めたのは去年のこと。


月に大体8〜10冊程度読みます。


主に小説で哲学もたまに読みます。


積ん読状態の本はあんまりないようにしていたけど


村上春樹先生ブームにより5冊程が手付かずのまま。


本の話ができる友が欲しい今日この頃です。切実。